鮎屋情報

鮎屋地区は洲本市中心部より南西約10kmの山間部に位置する田園地帯です。

上流にある鮎屋川ダムから放水される鮎屋川には、淡路島随一の高さを誇る観光名所「鮎屋の滝」があり、滝周辺は「鮎屋の森」として兵庫県の環境緑地保全地域に指定され、近畿自然歩道のルートとなっています。また、滝の近くには「大泉寺奥の院不動堂」などの名勝があります。

鮎屋の謂れ

鰛谷河::水源鰛谷村の奥より出て瀑布を経て中筋村、大野村をすぎ納村に至る。

鰛谷瀧::鰛谷村にあり三千風文集に相野の滝といふ。又一説には浅野の滝と云。瀑布の高さ凡八間餘、水幅大水の時十間、中水一間半、常水四尺餘、淵の深さ八尺余、其地樹木生繁り森森として僅に日光を洩し.石崖滑にして其飛泉雷ひびき龍踊るの形勢(ありさま)夏日の炎天といへども陰寒骨に徹す。当国第一の飛泉(たき)といふべし。滝壺の内に祠あり、洞口暫狭く内に至れば○然として廣きこと方二丈許、水練を得たる者いたりて是を知れるとぞ。

不動堂::滝の此方上の方にあり、満石山清滝寺といふ。尊像長凡三尺許弘法大師作と云。堂前に圓形の石あり満石と云。