鮎屋の滝温泉ふれあいの湯

鮎屋の滝温泉.販売所

温泉購入方法

鮎屋の滝温泉の湯は温泉スタンドにて販売中。

温泉スタンドはタイマー式です。100円で50リットルの温泉が出るように設定しています。再スタート時、残りの秒数が少ない場合には、開閉電磁弁が作動する時間の関係で、少量しか出ない時があります。

スタンド操作方法

浴用の適応症・禁忌症一覧表

一般的適応症 一般的禁忌症
  1. 神経痛
  2. 筋肉痛
  3. 関節痛
  4. 五十肩
  5. 運動麻痺
  6. 関節のこわばり
  7. うちみ
  8. くじき
  9. 慢性消化器病
  10. 痔疾
  11. 冷え性
  12. 病後回復期
  13. 疲労回復
  14. 健康増進
  1. 急病疾患(特に熱のある場合)
  2. 活動性の結核
  3. 悪性腫瘍
  4. 重い心臓病
  5. 呼吸不全
  6. 腎不全
  7. 出血性疾患
  8. 高度の貧血
  9. その他一般に病勢進行中の疾患
  10. 妊娠中(特に初期と末期)
  11. 高温浴(42℃以上)の禁忌症
    1. 高度の動脈硬化症
    2. 高血圧症
    3. 心臓病
泉質別適応症 泉質別禁忌症
  1. 慢性皮膚病
  2. 慢性婦人病
  3. きりきず
  4. 糖尿病
  1. 皮膚、粘膜の過敏な人(特に光線過敏症の人)

成分表

ダム貯水量 渇水時 中間水位時 満水時
成分表  

 

入浴時の注意事項

一般的な入浴の場合、次のことに十分注意してください。

  1. 熱い湯に急に入ったり、長湯をするとめまいなどを起こすことがあります。始めは3〜10分とし慣れるにしたがって延長してください。
  2. 浴槽には静かに入り、浴後は湯冷めに注意し、しばらくは安静にしてください。
  3. 浴後、身体についた成分は洗い流さないでください。ただし、かぶれ症の方や湯ただれを起こしやすい人は、逆に浴後真水で身体を洗うか、温泉成分を拭き取ってください。
  4. 次の疾患については、原則として高温浴(42℃以上)を禁忌とします。
    1. 高血圧症
    2. 心臓病
    3. 高度の動脈硬化症
  5. 飲酒後の入浴は特に注意し、空腹・満腹時の入浴は避けてください。
  6. 入浴前後には水分の摂取を心がけてください。高齢者の方は特に注意が必要です。

温泉療養の場合は、次のことも十分注意してください。

  1. 1日あたりの入浴回数は、最初の数日間は1回程度とし、その後2〜3回に増やしてください。
  2. 温泉療養のための必要期間は、おおむね2〜3週間としてください。
  3. 数日後、湯あたり(湯さわり)が現れた場合は、入浴を中止したり回数を減らし、回復を待ってください。
  4. なお、温泉療養に際しては、温泉についての専門的な知識を有する医師(温泉療法医等)の指導を受けてください。

その他の注意事項

  1. この温泉水は浴用です。飲用はできません。
  2. この温泉は硫化水素を多く含むので、1回の使用量を50リットルまでとしてください。
  3. この温泉を公共の浴用に供しようとする方は、有償無償にかかわらず、兵庫県知事の温泉利用許可が必要です。

発見から完成まで(写真)mini